スポーツに関わる

すべての「人」が知ろう

安全に関する知識とスキルを高めよう!

ケガ事故時に必要な

「モノ」を備えよう

AEDや救急キットなど必要な備品を揃えよう!

緊急時対応できる

「体制」を整えよう

EAPを作成して安全管理体制を整えよう!

スポーツセーフティーとは

スポーツセーフティー」とは、スポーツを安全に行える「環境」のことをさします。
スポーツの現場で起こる事故の多くは予防が可能だと言われています。事故が起きてからの対応も大切ですが、事故を予防するためには事前の環境づくりがとても重要です。
スポーツの現場に関わる全ての人が正しい知識を身につけ、それぞれがアクションを起こすことで安全なスポーツ環境の構築が可能になります。

スポーツセーフティートライアングル

スポーツを安全に行える環境は、スポーツに関わる全ての人の協力があって初めて実現します。しかし、日本のスポーツの現場にはドクターやアスレティックトレーナーなどの専門スタッフが常にいることは稀で、①選手/保護者 ②指導者/教員 ③施設/団体・学校 などが協力し合って安全な環境を構築しなければなりません。

スポーツセーフティーアクション

スポーツが安全に行える「環境」を実現させるために必要な3つのアクションです。

トリプルH

学校教育や部活動中の死亡事故または重度の障害が残る事故は、その90%以上が心疾患が原因の突然死、脳振盪を含む頭や首の怪我、そして熱中症で占められていると言われています。
スポーツセーフティーでは、この3つの疾患の英語の頭文字をとって、「トリプルH」の発生時に備え、どう準備するか、起こりうるリスクを想定し、いかに回避するかを学びましょう。

ミッション

スポーツ現場で起こる事故の多くが予防が可能だと言われています。
事故が起きてからの対応も大切ですが、事故を予防するためには事前の環境作りがとても重要です。 スポーツの現場に関わる全ての人が正しい知識を身につけ、それぞれがアクションを起こすことで安全なスポーツ環境が実現します。

活動内容

NPO法人スポーツセーフティージャパンは、プロレベルから少年団などの草の根スポーツまで全ての現場における安全な環境を実現するためのサポートをいたします。

  • スポーツセーフティープログラムの提供(安全セミナー、講習会)
  • スポーツセーフティーライセンスの発行(ライセンス講習、試験)
  • スポーツ施設/チームの安全環境の評価・研修
  • 安全管理体制構築コンサルティング(教育委員会、競技団体、チーム、イベント等)
  • スポーツに関わる全ての『ヒト』が安全に対する関心や知識を深めることによって、事故が起こった際に適切な対応を取ることができ、それ以上に事故を起こさない環境を作り出すことが可能になります。SPORTS SAFETYでは、それぞれの立場の人に最低限求められるスキルを習得できる、セミナー/ライセンス・プログラムを実施しています。また、ご希望に合わせた内容でセミナーも開催いたします。

    プログラム

    AED救急キットなど、実際に事故が発生した時に必要な『モノ』がそこになければ、いくら使い方を知っていても意味がありません。スポーツ現場の安全を守る上で必要な『モノ』はしっかり備えましょう。
    学校体育や部活動の重篤な事故(トリプルH)の際に必要なアイテムを揃えたプライマリーセットやケガの事故に対応するための救急箱をSPORTS SAFETYがご提案いたします。

    プログラム

    知識がついて、設備や備品も整った後は『ヒト』『モノ』がしっかりと機能する『体制』作りが必要になります。
    最悪の事態を想定した緊急時対応計画 EAP(エマージェンシーアクションプラン)を作ることで、より迅速な救助体制が確立されます。
    少なくとも年に一度シミュレーションを行い、実際に計画通りに機能するシステムが整っているかを検証しましょう。

    プログラム

    代表メッセージ

    「スポーツにケガはつきもの」と昔からよく耳にしますが、実はそのケガの多くは予防が可能です。スポーツ現場における大きな事故の多くが「無知」と「無理」が原因だと言われています。
    スポーツに関わる全ての人が、安全に対して意識を少しでも高め、協力し合うことで多くの事故は回避できると信じています。今日からでも遅くはありません、安心してスポーツが行える環境を目指すために一歩踏み出しましょう。

    NPO法人スポーツセーフティージャパン 代表理事 佐保 豊

    佐保 豊

    代表理事

    【資格】米国BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)
    【出身校】米国ネバダ州立大学ラスベガス校卒
    【経歴】日本代表男子アイスホッケーチームヘッドアスレティックトレーナー(現) 日本オリンピック員会医科学強化スタッフ(現) フットサル日本代表、名古屋グランパス、チリ代表、チリプロクラブチーム(サッカー)、アナハイムマイティーダックス、西武プリンスラビッツ、日光アイスバックス、東北フリーブレイズ(アイスホッケー)、大山志保、比嘉真美子(女子プロゴルファー)、ほか

    八田 倫子

    副代表理事

    【資格】米国BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)、日本体育協会アスレティックトレーナー
    【出身校】米国オレゴン州立大学卒
    【経歴】私立武蔵高等学校中学校サッカー部トレーナー(現)、帝京平成大学非常勤講師(現)、 日本オリンピック委員会(JOC)医科学強化スタッフ、バドミントン日本代表チームトレーナー、ジャパン・アスレティックトレーナーズ機構(JATO)理事兼事務局長、東京都立西高等学校硬式テニス部トレーナーほか

    嶋崎 愛

    副代表理事

    【資格】米国BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)、柔道整復師
    【出身校】米国モンタナ大学卒【経歴】横河武蔵野アトラスターズ ラグビーチーム(現)、産業能率大学非常勤講師(現) 日本オリンピック委員会(JOC)医科学強化スタッフ・アイスホッケー、㈱ビッグベア、パイオニア㈱女子バレーボールチーム、西武プリンスラビッツアイスホッケーチームほか

    一原 克裕

    メンバー

    【資格】米国BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)
    【出身校】早稲田大、米国ブリッジウォーター州立大学大学院卒
    【経歴】早稲田大学米式蹴球部アスレティックトレーナー(現)、シアトルマリナーズマイナーリーグアスレティックトレーナー、WBC(ワールドベースボールクラシック)中国代表アスレティックトレーナー、サクラメントマウンテンライオンズ(UFL)アシスタントアスレティックトレーナーほか

    陣内 峻

    メンバー

    【資格】米国BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)
    【出身校】米国ネバダ州立大学ラスベガス校大学院卒
    【経歴】プレステージ・インターナショナル アランマーレ実業団女子バレーボールチームアスレティックトレーナー、 慶応大学湘南藤沢キャンパストレーニングジム、Select Physical Therapy、Heat FC、 米国ネバダ州シャパレル高校

    大橋 由理子

    メンバー

    【資格】米国BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)
    【出身校】大阪体育大、米国マーシャル大学大学院卒
    【経歴】神奈川大学非常勤講師(現)ペンシルバニア州立大学、CE Europa(スペイン女子サッカーチーム)、全日本女子バレーボール、茅ヶ崎北陵高校サッカー部トレーナー、日本工学院八王子専門学校専任教員、R-body projectアスレティックトレーナー

    木畑  実麻

    メンバー

    【資格】米国BOC公認アスレティックトレーナー(ATC)、日本体育協会アスレティックトレーナー
    【出身校】米国モンタナ州立大学大学院卒
    【経歴】慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員・体育会サポートスタッフ(現) 慶應義塾大学体育会バスケットボール部男子・ソッカー部女子 アスレティックトレーナー(現) スキーハーフパイプチーム日本代表 帯同スタッフ(2011年)

    菅原  瑞貴

    メンバー

    大橋 卓生

    アドバイザー  (スポーツ法学)

    【所属】虎ノ門協同法律事務所大橋
    【資格】弁護士
    【経歴】スポーツ法学会事務局次長、公益財団法人日本学生野球協会理事、全日本テコンドー協会理事 他

    中山 晴雄

    アドバイザー (スポーツ頭部外傷)

    【所属】東邦大学医療センター大橋病院教育支援管理部 副部長
    【資格】医師(脳神経外科学会専門医・指導医、臨床研修指導医)

    永島 計

    アドバイザー (熱中症)

    【所属】早稲田大学教授
    【資格】医師

    細川 由梨

    アドバイザー (熱中症)

    【所属】立命館大学スポーツ健康科学部講師
    【資格】米国BOC公認アスレティックトレーナー (ATC)
    【出身校】早稲田大学、米国アーカンソー大学大学院、コネチカット大学博士課程終了
    【経歴】Korey stringer institute Director of Education and Communication

    MEDIA

    書籍、教材コンテンツ、Web媒体など幅広く活動しています。

    「ひとりで上手に巻けるテーピング」学研

    スポーツセーフティージャパン 監修

    最新のテーピング術は驚くほどシンプル。自分ひとりで正しく上手に巻けるのはもちろん、使用するテープの量も少なくて済みます。プロセス写真はすべて自分目線になっていて手順がひとめでわかり、本を開いたままにできる新製本で見ながら巻くことも可能です。

    「日本のスポーツはあぶない」小学館101新書

    佐保 豊 著

    「練習中に水を飲むと疲れやすくなるから飲んではいけない」 「この程度の練習で座り込んでしまうのは根性がないからだ」 「足腰を鍛えるためにウサギ跳びでグラウンドを3周しろ」。 部活動などで、このような指導を受けた経験はありませんか? 「突き指はひっぱって治せ」 「鼻血が出たら上を向いて首の後ろを叩け」 「傷口は乾かしてバンソウコウを貼れ」。 いまでも、これらの応急手当を信じていませんか? ――ハッキリ言います。これらはすべて時代遅れの迷信です。 このような“迷信”が、あなたやこどもたちの命を奪うのです。 著者と桑田真澄氏との特別対談も収録。

    NHKテレビテキスト『きょうの健康』で『中高年のためのセルフテーピング+1』を連載

    自分でできるテーピングとストレッチを紹介しています。

    1月号(第10回)突き指から守る。
    12月号(第9回)腰周囲を安定させる。
    11月号(第8回)肩の動きをサポートする。
    10月号(第7回)外反母趾の痛みを予防・緩和する。
    9月号(第6回)肘の痛みの予防と軽減。
    8月号(第5回)足裏とかかとの痛みを防ぐ。
    7月号(第4回)疲れたふくらはぎをサポート。
    6月号(第3回)手首の痛みを防ぐ。
    5月号(第2回)膝の内側&外側の痛みを防ぐ。
    4月号(第1回)膝の前方&お皿周囲の痛みを防ぐ。

    コーチングクリニック12月号の特集で記事が掲載されました

    コーチングクリニック2015年12月号に『生命に関わる頭頸部外傷は慎重に対応することと事前の環境整備が不可欠』として、代表佐保の頭頸部外傷についてのインタビュー記事が掲載されています。 コーチングクリニック2015年5月号の特集”スポーツ現場での測定・評価・判断”のPart 3として、 『判断基準を増やしながらも、判断を個人に委ねない仕組みづくりが急務』とし、代表佐保の記事が掲載されています。また、現場で判断をする中で必ず持っておきたい『物差し/ツール』の例として、スポーツセーフティージャパンでリリースをした傷害記録自動集計システム(SID=Sports Injury Database)やチームコンディション管理システム(SCS=Sports Conditioning System for the Team)の活用法も触れています。

    Get In Touch

    Contact Info

    Contact Form